読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さるのわぶろぐ

Wake Up,Girls! について書いていきます 基本イベントに参加したら書きます

続・劇場版『Wake Up,Girls! 青春の影』感想 &新宿TOHOシネマズ舞台挨拶一回目感想

 

今回は『Wake Up,Girls! 青春の影』の感想ブログです。

かなりネタバレになってしまいますのでまだ見てないからネタバレしないで!!って方は見ないようお願いします!

 

それにプラスして9/27に新宿TOHOシネマズで行われた舞台挨拶にも行ってきましたのでそちらの感想も書いていきます。

 

 

 

 

『Wake Up,Girls! 青春の影』感想

 まず今回全体的に思ったのはWUGちゃんたちの絆が深いものになってる!ってことです。

特に未夕と夏夜は仲の良さが滲み出ている感じがしてよかったですね。

他にもあんなにI-1clubと真夢の関係に敏感だった佳乃が、箱でのトークの時に自分から「まゆしぃは3年振りくらい?東京」と問いかけ、周りがよっぴーその話題はっ!となっている中、気まずくならずにトークができている関係性がすごく好きです。

 

 

この劇場版でどうしても泣いてしまうところが3つありまして、

 

1つ目が、白木の人間味が垣間見える部分です。

 

アニメ版では常に合理的、非情で人間味のないキャラクターでしたが、今回の劇場版での

不況?? I-1clubがそんな世俗の波にのまれて構わないというのかね?つらい現実にぶつかり夢を見失ってしまった現代の日本人が、代わりに自分の夢を託す。そんな唯一無二の存在がI-1clubではなかったのかね?

 I-1の不振とはすなわち日本が希望を失うとき。その深刻さをここにいる誰もが受け止めるべきです。」

と声を大にして訴えるシーンは何回見ても泣いてしまいます。

この部分、白木さんと山本監督が被るんですよね。

期間限定でTwitterでいろいろな質問に答えていたとき、「監督業に必要なものは、なんだと思われますか?」との質問に「嫌われても作品を守る覚悟。」と答えていました。

その考えはこのシーンでの白木さんと通ずるものがあるなと感じました。

 

 

2つ目は、久美菜々美の「負けて帰るのだけはぜったいに嫌っ!」ですね。

 

菜々美の負けず嫌いな性格が出ている上、見ているこちらの負けてほしくないという気持ちとシンクロしてどうしても泣いてしまいます。

この場面、WUGちゃん全員の精神的な成長がでていてほんとに好きです。

神社のシーンで一人だけ大吉のおみくじを引き当て、自分の信じた道をいけば必ず光明を得る。と書いてあった菜々美ですが、光塚はどうするんでしょうか。。

ずっと夢だった光塚、光塚音楽学校の受験を今回はやめてアイドルの祭典に照準を絞るといっていましたが、このままアイドル一本で進路を決めてしまうのか。それとも。。

後編の重要なシーンに期待です。

逆に凶を引いてしまった夏夜、未夕、藍里はなにかあるんですかね?笑

 

 

3つ目に、仙台の温かさです

 

忙しくなり、地元仙台での仕事がしづらくなったときに親身になってくれて、応援してくれるテレビ局の人の優しい言葉。

東京での活躍を報告することのできる帰ってくる場所としての仙台があることがどれだけ大きいことか。。

 

この3つのシーンはいくら見ても泣いてしまいますね。。

 

 

後編はもっとキャラにフィーチャーした形になるといっていたので、

丹下社長、松田、早坂、白木。意味ありげなシーンがあったのでここらへんの人物の背景がもっとわかってくるんじゃないでしょうか。

楽しみです!!

 

 

 

新宿TOHOシネマズ舞台挨拶一回目 感想

 

プレミアムラグジュアリーシートという席で、最後列で観ました!

 

f:id:nakamonkey:20150929012553j:plain

 こんなかんじでした!笑

想像以上にプレミアムで笑いましたw

 

トーク&ライブで、ライブのセットリストは

・少女交響曲

・7girls war

でした!

会場全体が明るかったせいかいつもよりもダンスが細かく見えた気がしました!

 

新宿一回目の舞台挨拶には山本監督が登壇して、制作時の話などが聞けて面白かったです!

もともとWUGはODSという形で、劇場版だけの作品で、そこに舞台挨拶、ライブなどをくっつけて付加価値をつける~というような予定だったのが会場側の問題もあってなかなか実現できていなかったのが、今回こうやって実現できて、やっと本来の興行の形になったという話が特に興味深かったです。

他にも後編では七海をいじめた。マンツーマンで指導を入れるくらいの重要な役をやってもらった。との話もありました。

それに対して「それな~」と返す山下七海。友達かっ。

 

青山吉能も「少女交響曲、WUGちゃんそのまんまだったでしょ!それもこれも監督が頑張ってくれたんですよ~。ね~ほんと、監督様様ですー」とよいしょすると、照れ隠しか蹴りを入れるふりをする監督。

仲がよさそうで何よりです。笑

 

他にも高木美佑がおはよっぴーが採用されてなぜおやすみゅーみゅーは採用されないのか!との不満に対して煽る青山吉能。「むかつく~~~」が可愛かった。

 

あとは永野愛理が好きなシーンでエンドロールの演出のカッコよさを熱弁しようとして空回りして、客が”??”となっているところにすかさず「伝われ~~~」を入れてきた青山はさすがだった。笑

 

山本監督からもっとライブ中のレスがあったほうがいい。七海は上手いんだよな。とガチ指導が入ったり(みんな上手いと思うんだけどな、特によっぴーとかまゆしぃとか)、

bsessionで木高ゆみが出てくるのが面白い(言われてBlu-rayで観るまで気づかなかった)とか、いろんな話が聞けてとても面白かったです!

 

 

それと、この興行次第で今後が決まる。とも話していたので、

もし、このブログを見てくださって興味はあったけどまだ観てない。。って方がいらっしゃったらぜひ映画館で観てください!!

 

 

自分のうろ覚えな記憶で書いているのでところどころ違うところがあったらすいません。。

 

後編でも舞台挨拶やってほしいです!!

後編『Wake Up,Girls! Beyond the Bottom』は12/11公開!

幕張の「Wake Up,Girls! Festa.2015 Beyond the Bottom Extend」の前日ですね!

待ちきれないです!!

 

 

 

映画の感想に舞台挨拶の感想まで書いてしまったのでかなり長くなってしまいました。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!!

後編のほうも書くと思いますのでよろしくお願いします!!